ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

湿度100パーセント

もう、寒くなるはず と思っていたら、今日は霧。異常に温かいです。

111121 1

朝方に雨が降って、ああ、止んだと思ったら、お昼頃には、濃い霧にすっぽり包まれてしまいました。風通しの良いここでこんなだと、下界(ここより下の平地)はさぞかし見通しが悪いだろう と郵便物の投函は、Jおじさんに行ってもらいました。

今の時期は、朝は8時にやっと明るくなり始めて、夕方は5時過ぎると暗くなり、日がだんだん短くなるのを感じます。それも、一日中霧だと、気持ちまで暗くなりそうです。

これを、ブルターニュらしい幻想的な風景 と思えば良いのでしょうが、牛たちの、特にお産間近なマルキーズの、様子を見るのに不便です。(近くまで行かないと、だれがどこにいるのかわからない。)

霧だと言うのに、夕方には大雨が降り、びしょぬれの牛たちがかわいそうだけれど、みんな文句も言わず、黙々と草を食べていました。少し寒くても良いから、早くこんなお天気に戻りますように。

111121 2
(昨日の写真)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/528-2d958d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad