ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと、速すぎるよ

夕方、4時ちょっと前に、納屋の窓に透明なプラスチックの板をはめる工事をしていたJおじさんが『マルキーズが泣いてるで。』と私に言いました。(Jおじさんも私も、泣き声でだれかわかる。)

牛のこととなると、いつもすっ飛んで行くのは私。それも、マルキーズとなると、なおさらです。

あわてて飛んで行ったけれど、マルキーズは、べつにお産が始まったわけでもなさそうでした。でも、いやに落ち着きがなく、まるで自分の子を探しているようなしぐさで、そばにいたガラの匂いを嗅いだり、時々泣き声を上げたり、尋常ではないのは確かでした。

まさか、子牛を産んだけどどこかに落としちゃった なんてことはないよね ともう一度良く見てみたけれど、子牛の姿はどこにも見えないし、マルキーズのおしりも、出産後のように汚れていませんでした。

だけど、叫び続けるマルキーズ。陣痛が始まって苦しんでるのに、お産が一向に進まないのでは と心配になって来ました。今まで、マルキーズが子牛を産むところは一度も見たことがない と言いましたが、大声で泣くのも聞いたことがありませんでしたから。

この分だと、今晩もずっと苦しんで、獣医さんを呼ぶことになるかも知れないので、とにかく、マルキーズが歩けるうちに牛舎に入れよう とその準備に家に戻りました。

あと一時間もすれば暗くなり始めるし、急いで牛舎の準備をし、Jおじさんに、できるだけ早くマルキーズ移動の手伝いに来てくれるよう頼んで、また、牛たちのいる放牧地に飛んで行きました。

マルキーズの泣き叫ぶ頻度が少なくなったかな と思いながらどんどん進んで行くと・・・、これ!

111126 1

さっきからほんの15分ほどで戻って来たつもりです。その間に・・・!? それに、あんなに大声を上げて心配させておきながら、子牛は、子犬位の大きさしかない超小型で、あきれてしまいました。

子牛は、小さいながらも驚くほど元気で、私がカメラを取りにまた家に帰り、Jおじさんといっしょに戻って来た時には、もう立ち上がっていました。

そして、生まれて一時間もしないのに、子牛は、お母さんの後をついて、北の放牧地から牛舎までの数百メートルをしっかり歩いて来たのです。

111126 2
(マルキーズ毋子といっしょに来たがった一年生たち。)

絶対におっぱいを飲むぞ と心に決めた子牛は、牛舎に来てからも一時も休まずトライしていました。9時頃に、Jおじさんの助けを借りてやっと成功し、満足してお母さんの足元に寝そべった子牛ちゃん。ここまで元気な子牛は、今までに見たことがありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/530-e5fd5728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。