ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩留り56パーセント

あいかわらず、どんより曇り空+時々雨のボラン農場です。でも、冬至も過ぎたところだし、明日は新月だし、そろそろカラッと寒くなるのを期待しています。

さて、今日は(牛たちが移動したボラン農場案内図はちょっと置いておいて)お肉の報告です。

巨大に見えたエコくん。枝肉重量は、目標の400キロを下回ったものの、精肉の重量が220キロちょっとで、歩留りが56%台という好成績でした。

去年今年と、この数字が52パーセント程度で低迷していて、お肉屋さん(業者さん)が、脂身のあるところを大きく取除いているのでは とか疑ったりもしましたが、今回は正常に戻りました。まだまだ、目標の60%には遠いですが、少し希望が蘇りました。

エコくんの等級がO(上から4番目)+の4と、去年同じ時期に出した、歩留りが49.5%と、ボラン農場始まって以来の最悪の成績だった《だごべえ》と全く同じで、今回もかなり悪いと予想していました。

でも、等級も月齢(33ヵ月)も全く同じなのに、こんなに違いが出ると、またまたわからなくなってしまいます。今回は、歩留りが6~7%良くなったのと、売れ行きが(お断りするほど)バツグンだったおかげで、売上も今までよりグンと上がり、私たちはゴキゲンのはずなんだけど・・・。

エコくんの前、9月末にお肉になったユーロくんは、月齢(32ヵ月)枝肉の重量も、等級(O=4)もほとんど同じだったけれど、歩留りは51,5%と、ひどいものでした。ところが、肉質は『BMSで言うとどの位?』とマジメに思うほど、サシが入っていました。

それなのに、エコくんのは、ほとんどサシが入っていません。赤身ばかりでも柔らかいので、それなりにおいしいのですが、あまりアルモリカンらしくありません。今までの最高の歩留りは、バルダ(メス・一産)の62%で、やっぱり赤身ばかりの柔らかいお肉でした。

サシが多かったか、少なかったか 考えて見ると、大まかに言って、イッジーばあちゃんの家系(例:ユーロ)が脂肪太りでサシが多く、マルキーズの家系(例:エコ)は、少ないような気がするのです。

もともと、イッジーばあちゃん系をやめてしまったのも、ブヨブヨ脂肪太りで、見るからに肉牛向きの体型ではない牛ばかり生まれたからです。でも、それをやめてしまったから、これからは、うちのお肉にサシがなくなる?!

今、ジョンさんちにいる去勢たちを見ると、例外のふじくん以外は、余分な脂肪のない、おしりが大きめな牛ばかりです。

121123 1

これも、多少の血縁関係は無視して、すもうを積極的に使った結果なのですが、そのせいで、肉質が変わり、赤身ばかりのお肉になったらどうするか というのが新たな心配事です。

少し前にお話しした《ブタ尻子牛》の話ですが、先週、検査結果が出ました。やっぱり、本物でした。とすると、母親のだなえも、父親のすもうも、必然的にその遺伝子(こちらではmhと呼ぶ)を持っているわけです。

今のところ、そのmh遺伝子がどこから来たのかわからないので、どの牛がそれを持っているかはっきり言えませんが、赤身のお肉 と言うと、みんなmh遺伝子のせいじゃないか とつい疑ってしまいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/537-1b4a5d74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。