ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(よそでは)乾草始まる

雨がほとんど一ヵ月続いた と思ったら、急に夏が来てしまったボラン農場です。これからしばらくお天気が続くようで、お隣のLさんは、もう草を刈り始めました。

うちのJおじさんは、草はまだまだ と、家の外回りの工事をしています。私が見たところ、4月の雨のおかげで、かなり草が伸びたところがあるのですが、Jおじさんは、今は家の工事 と決めたようです。

4月にお肉(ももくん)の販売があったばかり と思っていたら、もう、次のふじおが今週の火曜日に出発しました。本当に、あれよあれよ と言ってる間に、毎日がどんどん過ぎてしまいます。

とりあえず、一ヵ月分のボラン農場案内図です。

C 120531

もうすぐ一ヵ月のオランドくんは、元気で放牧地を跳ね回っています。

120531 1

それをお母さん(みよ)が大声を上げながら追い回すので、騒がしくていい迷惑です。

120531 2

女の子ばかりの群れに男の子ひとりだから、もてもてのオランドくんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/556-9d3c255d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。