ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふみちゃんの息子プラス1 マイナス1(=0)



ママ(ふみちゃん)とかくれんぼするマックスくん。

生まれたのは20日の朝早く。

前日の夜、ふみちゃんがなんとなく産みたそうな様子だったので、急きょ牛舎に収容しました。その日は北風が強く、朝方の気温は、0℃近くまで下がる予想だったので。

ふみちゃんは、真夜中にフーフー言い出し、朝の4時頃イキミが激しくなったので、急いで牛舎に駆けつけると・・・

早く立ち上がろうと、もがく大きな子牛が。

ふみちゃんは、産んでからの方が叫び声が大きかったです。

すぐ側にいたから、心配で時々見に行ってたけれど、ふつうにみんなと外にいたとすると、《朝起きて見に行ったら、子牛が落ちてた》の安産でした。

子牛は、とにかく元気で、骨格のしっかりした大きな男の子で、《マックス》と名付けました。ふみちゃんの三産目の三男です。

ふみちゃんは、ボラン農場では最もアルモリカン牛らしい良い牛なのですが、DM(ブタ尻)遺伝子を持っていて、また、爪に弱点があって、もうずっと前から淘汰することを決めていた牛です。

それが、肥育牛としてジョンさんちにいた時に、よその子におっぱいを飲ませるという事件が起り、そのおっぱいを飲んだ牛がお肉になり、ふみちゃんは、もう一度繁殖牛に復活した、という経緯があります。

ふみちゃんが去年産んだオスが、あのおとなしくてかわいい《リュリュ》です。おしりが大きくて、つい触りながら『おいしそ〜。』と言ってしまいます。

そして、21日には、ふみちゃんの長男、《iマック》がお肉になりに出発しました。

長男も、おとなしくて扱いやすい牛です。さんざん迷った末、体型からすると赤身ばっかりで、これ以上大きくなっても肉質が良くなる見込みがない、と判断した結果です。

出発の日は、Jおじさんがいつものトレーラーに乗せて連れて行ったので、本人(本牛も)他の牛も動揺することもなく、静かに、まるでそれがふつうのように事が運びました。

おかげで、iマックくんの写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/596-ccf98eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。