ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

迷子の子ねこちゃん

それはそれは暑かった日のことです。(たった2日間だけ。)
乾草を巻くロールベーラーに来てもらうことになっていて、Jおじさんは、トラクターに乾草の畝を作るマシンを付けて、ジョンさんち牧場(去勢たちがいるところ)に行きました。

朝からお日さまが照り、湿気もないので、本当はもっと早く始められたのに、もう、お昼近くになっていました。さすがのJおじさんも、ロールペーラーが来るまでにやってしまわないと、とかなり焦って出て行きました。

出て行って間もなく、Jから電話があり、ジョンさんち牧場まで至急来い、と。

オスカルを連れて来てはいけない、と言うので、オスカルくんは納屋に閉じ込めて、私だけ車で飛んで行きました。

以下、Jの説明です。

『牧場の柵を開けて中に入ろうとしたら、お屋敷の門からちっちゃなねこが出て来て、ぼくに向かって歩いて来るねん。それも道路の真ん中を歩くから危ない、と思って、すぐに抱き上げてトラクターに乗せてん。昨日、ジョンさんの容態が悪なって、また病院に運ばれたみたいやから、家には誰もいないはずやし、もしかしたらジョンさんの生まれ替わりか、と思って・・・。(いえいえ、ジョンさんは健在です。)』

この子を放っておくと、車にひかれてしまうから、とボラン農場にとりあえず連れて行こう、ということだったんです。

子ねこがパニックになって車の中で暴れてはいけないので、Jが抱いて車に乗り込みました。
そして、子ねこを工事中の家に閉じ込めて、Jをジョンさんち牧場まで送りに行きました。

おかげで、すでに予定より遅くなっていたのが、大幅な遅れになり、Jおじさんはお昼ごはん抜きで作業することになりました。(私の知らないうちにビスケットを食べたらしいけど。)

Jに、戻ってくるまで見といて、と頼まれた子ねこは、こんなんです。

160722.jpg

黒猫のせいか、『ミャー』って話しかけられても、正直言って、私にはかわいいとは思えない顔をしています。

でも、Jは、美しくてかわいい、とお気に入りです。Jの両親は猫好きで、家で飼っていたのはいつも黒猫だったそうです。そのせいか、黒猫だからなに? と全く気にしません。それどころか、いやに人なつっこくて、かわいくてしかたがない様子です。

この辺りによくいる野良猫とは全く違うタイプで、迷子か捨て猫としか考えられません。迷子にしては、首輪もしていないし、誰か探しているような気配もないし、捨てられた可能性の方が大きいような・・・。

うちには、ねこは2匹いるのにどうしようか、と言いながら、もうすでにうちの子のようになった子ねこちゃん。どうやら女の子らしいけれど、まだ名前はありません。Jの猫だから、Jの好きな名前にすれば良い、と私は『にゃんこちゃん』と呼んでます。

どこかのお家で飼われてたらしく、ひとりでお留守番できるし、トイレもちゃんとわかってました。今のところ、オスカルも、おとなしく子守のようなことをしてくれるし、どうにかなりそうです。

追記 : ジョンさんの奥様によると、やっぱり捨て猫らしいです。夏のバカンスの時期は、お屋敷の向かいの採砂場に捨てて行く人が後を絶たないとか。奥様は、お屋敷の庭に黒猫のにゃんこちゃんを見つけた時、縁起が悪い、と追い払ったそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/610-cb15dfb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad