ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

3匹の子牛

ずっとブログをサボっていても、ボラン農場にもちゃんと春が来て、こんなのが生まれています。(三頭見えます?)

OClochette etc.

ボラン農場は、この一年でメンバーがかなり変わり、今はほぼ思い通りのチームかな。

さて、5月はじめに生まれたこの三頭、いちまとその娘(リリーとみよこ)の子ばかり。どの子も、生まれる数時間前まで兆候なしで、念のために様子を見に行ったら、おっぱいを飲もうとしている子牛がいた、というパターンでした。

いちまって、あんまりアルモリカンらしくない大型の乳牛タイプだし、気が強過ぎて他の牛を攻撃したりするので、私はイヤ。でも、人工授精一回でOK+超安産の優秀な母であり、その娘たちも同じく優秀な家系で、まだしばらくは手放せません。

私の好みはげんきとその娘。こちらの家系は繁殖がなかなかうまくいかず、子の頭数ではいちまに負けてます。

とにかく、子牛は元気が一番。生まれて一週間も経たないうちに、子牛同士で群れになって、おっぱいタイム以外は三頭で行動してます。もちろん、ママたちの放牧地から脱走も三頭いっしょ。たいてい、自主的に戻ってくるので、放任です。

こんな感じで、ボラン農場の日々を書いていけたらと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/627-7787b43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad