FC2ブログ

ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

100点満点

PM2 191204

何カ月も続いた雨もやっと中休みになり(と言うことは、このあとまた雨)、日向でのんびりの牛たち。

でも、これもお昼頃までで、午後になるとシュプレヒコールが飛んできます。ちゃんと乾草を置いてあるのに、よそに行きたいみたいで。(よそに行っても、草もうないよ。)

さて、クロシェットとみみちゃんの種付けからかれこれ2カ月経ち、もう誰も発情しなくなったので、全頭(9頭)の妊娠鑑定をしてもらいました。特に、近々よそにお嫁入り予定の3頭は、証明書を付けてやった方がええやろ、と言うことで。

しばらく使ってなかった牛舎は、牛たちが入る側の引き戸の具合が(ずっと前から)悪くて、修理が必要でした。授精師さんに来てもらう日時は、もう先週から決まってたのに、やっと引き戸が付いたのが、当日のお昼。日程に余裕を持って始めたはずなのに、いつもながらハラハラしてしまいます。

もういいかげんよそに行きたい、と思ってる牛たちは、北の牧区から牛舎裏までうれしそうに来てくれます。でも、そこはまだけっこう草が残っていて、誰も牛舎に入って乾草を食べようとはしないので、一頭ずつ順番に牛舎のお席にエスコートするしかありません。

そうしてるうちに、授精師さんが到着。

あとは一年生三頭といつも最後にしか来ないげんきが外に・・・・,と思ったら、クロシェットとオーリーちゃんが、去年の子牛席で黙々と乾草を食べてました。本当は向かいの母牛席に行かせたかったけれど、手っ取り早くその場に繋ぎ、後から来たみみちゃんもすんなりその隣へ。

子供の時の習慣、ってほんとに根強いです。だからこそ、小さいうちにちゃんと躾けておくべきですね。

牛舎が好きなのか、あちこちウロウロしてたオージーくんを追い出して、いよいよエコー検査開始です。

中には、いやがって授精師さんを振り回すのもいたけれど、まずまずおとなしく検査を受けてくれました。

で、結果は(わかってたけど)・・・,

全頭妊娠。

不妊牛ではないかと心配していたあのクロシェットちゃんも。おかげでホッとしました。

でも、100点満点の意味は、それじゃなくて、

全頭、一回の人工授精(ストロー1本で)で妊娠したこと。

授精師さんも驚いてました。そうあることではないみたいで。とにかく、ボラン農場始まって以来の快挙です。

牛飼いは片手間にできることじゃない、と今年は本気で牛たちを観察して来ました。たまに、私が仕事で家を出ようとしてる時に発情?!っていうのもあったけど、また、発情を見逃したこともあったかも知れないけれど、私の見間違いはなかった。

そう思うとうれしいです。

アルモリカンは発情がわかりづらい、と言うけれど、ほんとにそうなのかな?

ボラン農場では、3回人工授精しても種がつかない牛はお肉にする、という決まりで、少しでも繁殖障害が疑われる牛を飼い続けることはありません。それがきっと良い結果につながったのだと思います。

今日も、11時45分にあわてて牛たちを見に行こうとして、ひとりで笑ってしまった。午後の人工授精の締め切り時間だけど、発情する牛がいるわけないもん。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/691-1e894931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)