FC2ブログ

ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

いちま姐さんのいないボラン食堂

BL 191225

長かった雨季(?)もようやく終了し、すっかり冬景色のボラン農場です。これから年末まで雨もなく、それほど寒くもない穏やかな日が続きそうです。

さて、みよちゃんが出発した翌日、あのいちま姐さんも行ってしまいました。

みよちゃんの時とは対照的で、トレーラーに乗る時かなり抵抗してくれました。

嫁ぎ先には馬が一頭いるだけで、牛は初めて。それも、人一倍(牛一倍?)気の強いいちま姐さんなので、Jおじさんはたいそう心配してました。でも、そこは飼い主さんとの相性で、やってみないとわかりません。

まあ、今のところ試用期間のようなもので、特に問題はなさそうです。

ママが行ってしまったプルートくんも、翌朝は少し泣いたけど、ベソをかいた程度で済みました。(なんでみんな大泣きしない?)

頭数が減ったところで、いよいよ冬のボラン食堂の開店です。

それでも、総勢15頭。本来ならもうとっくに先輩去勢くんたちに合流してるはずの一年生去勢くん2頭が、まだボラン農場にいるので。

初日は、どうしても牛舎に入りたがらない子牛がいたけれど(ねっ、ポップちゃん)、他の牛たちは慣れたもの。それに、静か。いちま姐さんがいないと、こんなに平和 ?

去年は繋がれそうになると逃げる傾向のあったおさむくんも、いちまママがいた席でおとなしく食べてます。今年は、となりにいるおさむくんの分も食べようとする、ママにぶっ飛ばされる心配ないもんね。

子牛たちは、今のところ席が足りないので、繋がずに空いたところで適当に食べてもらってます。大きいぬいぐるみみたいのが通路をうろうろしてて、時には寝そべってるのもいて、かわいいけれどじゃま。みんなおっとりさんで、お尻を押してもぜんぜん動かないのは困ります。

中でも、場所を取り過ぎるのが、いちま姐さんの今年の子牛、プルートくん。まだ8カ月なのに、すでに一年上のオリーちゃんと同じ大きさ。いちま姐さんの子(男の子)は、大きくなり過ぎるのが悩みです。あの巨大だったナブコくんも、おさむくんも・・・。ちなみにおさむくんは1歳半でもう成牛の大きさ。あと一年待ったらいったいどこまで大きくなるのか、今から恐怖です。

早く大きくなるのは、子牛(8カ月未満)生産を目的とする人には貴重な長所だろうけど(高価な仔牛肉がたくさん取れるから)、私たちにはうれしくありません。牛は36カ月過ぎるとさらにおいしくなるし、私は小さめな枝肉の方が味が濃いような気がするし・・・。

そういうことで、本人(本牛)も大柄で、巨大な子を産むいちま姐さんを手放した訳です。気が強過ぎてうるさいのもあるけど。

Jおじさんは、ボラン農場で一番立派な牛を売ってしまった、と未だにいちま姐さんを惜しんでいます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/693-47896d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)