ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネット騒動記 その二

ただでも高いと思っていたアンテナ設置料に加えて、ルーター設定は コンピューター屋さんに来てもらわないといけない とわかり、私たちは まるで詐欺に遭ったような気持ちでした。それに、私たちは アンテナを自分で立てたため、アンテナ調整ができていないのに、コンピュータ屋さんに来てもらってもどうしようもありません。

プロバイダーさんから いったいどんな提案があるか 半分びくびく待っていたのですが、火曜日も、水曜日も、連絡がありませんでした。今日、連絡がなかったら・・・ と言うJおじさんに フランスでは 黙って待ってるとべつに必要ない と思われるから、しつこく電話せなあかん と説得して 電話してもらったのが木曜日でした。

連絡がなかったのは やっぱり、まだ結論が出ていない ということで、結局『早よしてください。』と催促しただけで終わりました。私は 郵便局に行く用事があったので、買い物も兼ねて 隣町に出掛けました。

町の真ん中にある郵便局と銀行に行き、その後 いつも行くスーパーで買い物を済ませ、車に一週間分の食料を積み、カートを所定の位置に戻している時でした。スーパーの横の道を 見慣れた車が走って来ました。へえー、Jおじさんと同じ車や と思って見ていると、その車は スーパーの駐車場に入り、私めがけて走って来るではありませんか!

よく見ると、それは同じ車ではなく、Jおじさんでした。オスカルを後ろに乗せて、どこ行くのぉ と思ったら、Jおじさんは 私に 緊急事態やからすぐ戻れ と真面目な顔で言うのです。私は 一体何が起こったのかと 心配してしまいました。

Jが言うには 私が家を出た直後、プロバイダーさんから電話があり、これからルーターの設定の仕方を教えるから、その通り コンピューターの操作をするように言われて やったみたけれど ルーターのプログラムは開かなかった と・・・。あたりまえやん。さっき、内臓モデムでインターネットやったから、ネットワークはそっちに設定したやん、と言っても ピンと来ないほどJおじさんは大のコンピューター音痴です。

プロバイダーさんに言われた通りあれこれやってもダメで、私が5時頃には戻るので その頃また電話してもらうように頼んだそうです。ところが 私がなかなか戻らないので、心配になったJおじさんは わざわざスーパーまで見に来たのです。どちらにしろ 私はもう帰るところで、5時には家に着いていたので 全く何の役にも立たなかったところが とてもJおじさんらしいです。

さて、家に戻り、パソコンの用意をして待っていると 5時半ごろ さっきの方から電話がありました。さっきで懲りたのか その方から 私の新しい方のバソコンを使うように と言われました。その通りすると、どうにかプログラムが開きました。でも、私のは 日本語キーボードでアルファベットは英語並び(左上からQWERTY)です。私は そのキーボードをフランス語設定にしているので アルファベットで左上からたたくと AZERTY と出て来ます。その状態で 意味もない長ーいコードをたたくのは至難の業です。それが 画面に表示されないパスワードとなると 気が狂いそうになります。

私があんまりのろのろしていたので、プロバイダーさんに急かせられながら ようやく設定が終わりました。これから 担当の人に 遠隔操作でアンテナ調整をしてもらうから 5分ほど待つように言われました。10分過ぎても電話がないので どうしたのかなぁ と思っていると、6時を過ぎて、係の人が帰ってしまったので、アンテナ調整は明日の朝してもらうから、できたらまた電話します と連絡がありました。

やれやれ、私がのろのろしたせいで その日はとうとうダメでした。でも、これで もうすぐつながる と思うだけでもううれしくなりました。それを知っていれば さっきのスーパーで お祝い用のワインかなんか買っておくべきだった と後悔しました。でもまあ、まだつながっていないことだから、お祝いは明日にしよう ということに。

その翌日、金曜日、の朝、プロバイダーさんの同じ方から電話がありました。アンテナの調整ができたので、つながっているかどうかの確認です。今度は 私の日本語のパソコンではなくて 古い方を使わせてもらいました。さあ、サファリを開けてみると・・・ 見事につながりませんでした。

それから、考えられる全ての確認が始まりました。念のため、昨日ルーター設定した時に データの入れ間違いをしなかったかも確認しました。表示しないからわからないのですが、心配していた通り、パスワードが違っていたようです。パスワードをインプットし直して どうかな? と思ったけれど まだダメでした。

次に、アンテナの状態を見ると データが入っていないのが判明しました。よく見ると そこのスイッチがOFFになっていて、そこをONすると サササッとデータが表示されました。その後、もう一度サファリを開けると・・・あの《ボラン農場の牛たち》が映ったのです。

私はもう大感激。Jおじさんからもプロバイダーさんにお礼を言ってもらいました。これでとうとううちにもインターネットが来た!それもアンテナ屋さんの200ユーロが浮いた! とJおじさんと大喜びしました。

でも、この喜びも 長続きしませんでした。

午前中はサクサク動いたインターネットも 午後になるとよたよたし出したのです。それも、今までの電話の超低速インターネットよりずっと遅いのです。これでは使い物にならない と夕方、またプロバイダーさんに電話しました。だいたい、《もう心は週末》の金曜日の6時前に電話する方が悪いのです。全部一度コンセントを外して、再スタートさせ 様子を見て、月曜日になっても調子が悪かったら また電話せよ と言う返事でした。

私たちは もしかして接続ケーブルが良くないかも と交換したり、接続プラグがしっかり固定されているか いろんなことをやってみました。そうしているうちに、インターネットは突然快調に動き出したのです。いったい何が良くないのかわからないまま、その日は夜中まで快調でした。

その翌日の昨日の朝、インターネットを開けてみると またもや、よたよたでした。わけがわからないので 本当に困ってしまいました。見ていてもしょうがないので Jおじさんの命令で、私は インターネット接続お祝い用のワインを買いに(他にも買うものがあった)走らされました。

家に戻ると、Jおじさんは 『こんな速かったら上出来やー』と上機嫌でインターネットサーフ中でした。また、なんだかわからないうちに 突然動き出したそうです。その後、昨日は一日中快調でした。なので、昨日の夜は 予定通りお祝いしたことは言うまでもありません。

そして、今朝 おそるおそるインターネットを開いてみたのですが、やっぱりちゃんと動いています。また、もしかしたら“よたよた”が来るかも知れないけれど、これならまず大丈夫です。

もう、何年もADSLが引けなくて、悔しい思いをしたけれど、とうとう本物のインターネットが来たのです。つながる前は あれもこれも と思っていたのですが、私はまだ仕事が忙しいので ぼちぼちやって行きます。(Jおじさんはパソコンの前を動かない。)今は 私たち、大喜びしてるけれど そのうちに これがふつうになるんだろうなぁ と思います。

100530 1

この騒ぎの間に 牛たちはもう一つ上に移動し、今日はもうよそに行きたくて、モーモー言ってます。

インターネット騒動記 その一

もう何日も前に《雨だぁー!》という題で書くもりだったのに・・・ とにかく、おかげさまで草も伸び始めて ほっとしています。

さて、山奥のT村でもボラン農場だけ ADSLが引けない という話は もう何回もしました。(ここここをご覧ください。)フ○○○テレコムは ADSLが行かないところがあっても知らん顔なので、去年から県が4200万ユーロの大金を投じて 県民全員に高速インターネットを という事業を進めて来ました。幹線道路に沿って光ファイバーを通し、ADSL空白地帯(というのもあり)を重点に Wimaxのリレーアンテナが建ちました。

それが とうとう 今年の1月には使用開始 ということで、去年の12月、農業従事者を対象にした説明会があり 私も出席しました。県の関係者やプロバイダー2社の話を聞いて、そのうち日本向けの通話料金がパカ安い方を選び 私は ああ、もうすぐー! とわくわくしていました。

ところが、そこに1月早々電話したら『現在 県と協議していることがありますので 2月になったらお電話ください。』と言うことでした。

2月になって電話したら、『まだお申込み受付を行っていませんので 2週間ほどしたら またお電話ください。』でした。私が 受付開始したら教えていただけませんか と聞いたら、『いえ、忘れてしまうといけないので、お客様からお電話ください。』という返事でした。

こういうやり取りが何度もあって、いよいよ申込書を送ってもらったのは 3月ごろでした。ところが 説明会では アンテナは自分で設置して、プロバイダーと契約している人がアンテナの調整に来てくれる という話だったのに『アンテナ設置は 当社が指定した業者しか行うことができません。』ということでした。

アンテナを設置してもらうと 約200ユーロかかる と聞いて、私のわくわくする気持ちは もう半分ぐらいなくなってしまいました。その上に 貸してもらうルーターの保証金が100ユーロ、初回手数料が49ユーロ と単につなぐだけで こんなにお金がかかるのがわかりました。多分、つながるはずだけど、実際にアンテナを立ててみないとわからない と言う状況なのに、それがわかるまで こんな大金がかかるのです。

あんなにしつこく電話したので、そこで引き下がる訳にも行かず、申込書は送ってもらったものの、そんな贅沢はできない とあきらめるしかありませんでした。

ところが、ちょうどその頃 あのクレージーな量の翻訳の仕事をもらい始めたのです。仕事をもらうのに インターネットは超低速(ナローバンド でしたっけ、マックスさん?)だから、重いファイルはダメ などと言ってられません。仕事のためだから とWimax申込書をひっぱり出して来て、チェックを同封してプロバイターに送ったのが 4月のはじめでした。

アンテナ(県が援助してくれた)とルーターは 意外と速く、2週間ほどで届きました。見ると、アンテナ設置に必要な物は ポール以外みんな揃っていて、指定の業者さん というのもみんな遠くて、出張費だけでも高く付きそうなので ちょうど あの新品同様の足場もあるし、Jおじさんが設置する と言い出しました。それで プロバイダーに電話すると どうぞどうぞ という返事でした。

それから、お天気が良くて Jおじさんは忙しく、何週間もそのままになっていました。それでも、時々、さてどこに設置しようか と双眼鏡でリレーアンテナを眺めていました。ボラン農場は ちょうど 北側にあるリレーアンテナと南側のとの ちょうど真ん中に位置します。私は 説明会の時、南のリレーアンテナでシミュレーションしてもらったのですが、T村は 北のリレーアンテナの範囲とか・・・。そうしているうちに、木々の葉が出て、冬の間よく見えていた北のリレーアンテナが見えなくなってしまいました。

Wimaxはテレビと同じ電波 と言うのに、間に障害物があってはダメだそうです。うちの周りは木が多いので 受信アンテナは よっぽと高い所に付けないといけません。それで 最後の望み とJおじさんが 南を目指して 納屋の屋根の高さまで上ったら・・・ リレーアンテナが ちょうど木の間から見えたのです。

そこなら絶対大丈夫 と受信アンテナを立ててくれたのが 先週のことでした。ポールになる金属管を買って来て、保持用の金具を自分で作って、ケーブルを小屋まで引いて、アンテナの電源ボックスを固定して、ルーターの位置を決めるまで 何日もかかりました。

100529 1

100529 2

やっとハードの準備ができて リレーアンテナとの接続のため プロバイダーに電話したら、話はチンプンカンプンでした。アンテナのナンバー(これはわかる)となんとかIDと言うのが必要なのですが、それをどうやって見つければいいのか 全くわかりませんでした。

どうしてもわからなくて 2度目に電話した時、自分で設置する時のための説明書をもらっていないのがやっとわかりました。それをすぐにメールで送ってもらい、それに従ってルーターで、アンテナの設定をすることにしました。ところが、ルーターは何にも言わず、全く先に進めませんでした。

今週の月曜日は祭日だったので、火曜日にプロバイダーに電話して聞いてみました。説明書通りにアドレスを入れても プログラムが開かないことを説明したら、係の人が調査してくれました。かなり待たされて 係の人が言ったのは『すみません。当社の説明書を送った者のミスなのですが、お客様のルーターは 指定業者にしか設定ができないタイプです。そちらの県は 指定業者による設置が義務づけられております。』!!!

節約のため自分たちで設置しようとしたのは 間違いだったのです。私はあわてて、指定業者のリストを出して来て、三社のうち一番近い所(と言っても50キロ)から電話をかけました。

一社目:『ええっ、もうアンテナ立てたんですか。じゃあ、私のすることはもうありません。アンテナを立てて、電波が来ていることを確認するだけで、ルーターの設定はしてません。』?!

二社目:『ええっ、○○○ネット(ブロバイダー)ですか。うちは ○○○○テレコム(競合)しか扱ってません。○○○ネットからは連絡がなかったので、知りません。』!!

プロバイダーの担当者は みんな研修を受けて、認証を受けた業者 って言ってたのに?!(三社目は留守番電話で、折り返し電話してくれなかった。)私は アタマに来て、すぐにプロバイダーに電話しました。電話に出たのはさっきの人だったので『あんた、ウソ付いたらあかんで!』とつい言ってしまいました。そして、状況を良く説明すると、『上司と相談してこちらからご連絡します。』 ということに・・・(続く)

ADSLがダメなら・・・

WiMAXがあるさ。それもダメなら衛星があるさ。と今日はちょっとやけくそ気味です。はい,高速インターネットの事です。

前にも書いたように T村にはもう何年も前からADSLが来ています。だから,ご近所では高速インターネット+通話無制限に加入している人もたくさんいます。ところが・・・

依然として うちにはADSLが引けないのです。

これは 私たちが引っ越して来て、電話を引いた時に 電話線が足りなくて,仮設置の電話しかもらえなかったことに由来します。要するに フ○○○・テレコムが横着をして ケーブルをどこかから引いて来ることをしないで ご近所の電話線の低周波か高周波かのどちらかに うちの電話をつないでしまったのです。

ADSLは 電話線一本は2つに分かれている という特性を利用したものです。でも,うちの電話はご近所の電話線に間借りしているわけで ADSLを通す場所などありません。

そのことで もう何年も前から フ○○○・テレコムに『どうにかしてくれ。』と要求して来ました。でも,その度に レターで《技術的な問題》があってダメ という回答をくれます。それでも しつこく頼み続けると いつか聞いてもらえるかも と 去年の9月、バスに乗ってフ○○○・テレコムのお店に行きました。

1回目は お店の人の態度が気に入らなくて さんざん文句を言って帰って来たのですが,2回目に行った時は 運良くそこの責任者に話を聞いてもらえました。

その方が レンヌにある技術部門に 現場での(コンピューター上ではなくて)調査を頼んで下さいました。うちに一本の電話線を引くといくらかかるか見積りをして それが規定の額を超えなければ工事ができる と私にしたら神様か仏様に出会ったようなものです。

その週の金曜日 さっそくレンヌからエンジニアさんが来て下さいました。まず エンジニアさんは お隣に行ってしまい(地図に間違いがあるからあたりまえ)、Jおじさんが迎えに行って そのまま近所の電話線を見て回ったので これはみんなJから聞いた話です。

お隣(地図によると《ボラン》となっている)まで行ったら それらしい車が止まっていました。
J『お電話いただいた方ですね。(車をしげしげと見て)フ○○○・テレコムの方やないの? ×××って書いてあるけど・・・』
エンジニアさん『そうでしょう。私もいったいどこの会社で働いてるのかわからなくなってます。』
J『??』と 始終こんな感じでした。

エンジニアさんは いくら仕事をしても 後から後から書類が回って来て 事務所でその書類の山がだんだん高くなるのを見ていると気が滅入るので 今日は気分転換に田舎に行こう と急きょ決めたとか。

ところが この近所の電話はめちゃくちゃで,フ○○○・テレコムにある情報と実際の姿が全く一致しなくて エンジニアさんは 気が狂いそうになるほどお怒りでした。これで通話料の請求間違いがないのは 奇跡だそうです。
 
そうして エンジニアさんは こうするとうちにADSLがつなげる という方法を見つけて下さいました。その次の週には あの責任者の方からも,調査によると規定以下の費用でADSLが引ける という連絡がありました。

ああ,うちにもとうとうADSLが来る! と私たちはどんなにうれしかったか ご想像いただけるでしょうか。

でも、それには『工事がいつになるかはわかりませんが・・・』という但し書きが付いていました。その後,6ヵ月経っても 何の音沙汰もありませんでした。もうこれだけ待ったのだから 文句を言ってもあたりまえだろう と私はまたフ○○○・テレコムのお店に行きました。(お店の電話番号は秘密になっていて 行かないと責任者に話ができない。)

あいにく あの神様・仏様の責任者は不在で その補佐の方が対応してくださったのですが また《技術的に不可能》と言い切るので 私は『営業さんにしては 態度が悪い。』と怒鳴りつけて帰ってきました。

そして,そして,やっと昨日 神様・仏様の責任者さんに会うことができました。いつ会っても,電話でも とても感じのいい方です。本当に営業の神様みたいな方です。

でも,神様にも限界がありました。あちこち問い合わせて 結局,あのエンジニアさんは 職場が変わって(気が狂いそうやったからなぁ・・・)、あの話はだれもフォローしなかった と言うことがわかりました。

責任者さんは《できない》というのが言いづらいのだと思います。今度は ブレストの技術部門に調査を依頼してもらったのですが 多分回答は《NO》です。たかが,インターネットのことだから 別に深刻なことではないのですが・・・

そう,最初に書いたように もうすぐWiMAXが来るようだし、それでもだめならパラボラアンテナの高速インターネットがあるし 気にしない,気にしない。


牛たちが移動したので ボラン農場案内図を更新しました。下の絵は 小ちゃくて知らないうちに柵をくぐり抜けてしまうエルネストです。

Carte 090423

インターネット事情

6月の末に 私が加入していたインターネット屋さん、テレ○から《電話回線インターネット月ぎめ契約は 7月31日で廃止するので 今後は 接続料金+通話料金をその都度カウントする方法に替わります。》という連絡がありました。今さら 電話回線超低速インターネットなんか使っている人は よっぽどの変わり者か貧乏人だから 廃止したってべつにお客さんが減るわけでもない ということでしょうか。

今まで月々35時間の接続で10ユーロだったのが 新しい料金でシミュレーションしてみると ざっと3倍は高くなってしまいます。その時は あわてた というよりももう嫌気がさして もうどうにでもしてくれぇー みたいに開き直ってしまいました。

ボラン農場のインターネット物語は もう数年来の続き物です。村にADSLが来てからもう3~4年になるでしょうか。当初 うちにはADSLが引けない理由が はっきりしませんでした。そのうちに うちだけ引けないのがわかりました。その理由は・・・

うちの電話は お隣の電話回線に間借りしているだけの 仮の設備だからなのです。

ボラン農場北の道路の向こう側に 小さな集落があって うちの電話線はそこから来ています。でも、そこにはケーブルが一本。一本のケーブルには電話回線が7本。集落とその周辺にはすでに家が7軒あったので、私たちが引っ越して来た時は 8軒目でした。でどうしたかと言うと 隣の家に行く電話回線にモデムを付けて、その低周波か高周波のどちらか一方を使って 電話を引いてくだいました。だからその電話回線には ADSLを通す場所がないわけです。

今まで何度抗議したことでしょうか。電話をしても、手紙を書いても いつも答えはNOでした。ケーブル一本引くことを フ○○○テレコム社は テクノロジーの問題 と呼んで、何もしてくれません。今回も もう一度クレーム係に手紙を書いたのですが やっぱり回答は同じでした。

私は がっかりしたのと 忙しかったので 7月の末が迫っても何もしませんでした。残された手段は フ○○○テレコム社系列の○レンジの電話回線インターネットに契約をすることです。でも、あんな会社にお金を払いたくありません。今までのテレ○は 料金は高くなるけれど 使えなくなるわけではないので 必要最小限におさえて 後は図書館で無線LANを使えば良い とか私は思っていました。

でも、もうぎりぎりの29日になって、Jが言いました。インターネットが使いたい時に使えなくなって困るのは私たちで ○レンジ社は 私たちが契約しなくても経営困難になるわけではない。

ということで、私は一番近くのお店(30キロ)に走りました。○レンジはテレ○より高くて、月10ユーロでは25時間しか接続できません。こういうのは超過料金がうんと高くなるので 迷ったけれど 15ユーロで50時間の契約をしました。これだと 超過の恐れはありません。

お店の人の話では ○レンジから接続に必要な番号だとかパスワードが来るのに10日かかる ということでした。まあ、2週間位は見ておいたほうが良いかな と思い、昨日みなさんに『ボラン農場はしばらく夏休みにします。』とお知らせするつもりでした。

ところが

もう昨日、○レンジから通知が来てしまいました。たった一枚のレターに番号とかが書かれているだけで 果たして私に接続ができるのだろうか と夜も眠れないほど(そのわりにはよく寝てた?)心配だったのですが、今朝やってみたらちゃんと接続できました。まだそれだけで、メールのアドレスは前のままとか まだまだいろんな設定をしていませんが、このとおり使えてます。

なんや、これで夏休みなしか とか ちょっとがっかりしてたりしますが、とにかく ほっとしています。

ぜんぜん本文とは関係ない、ユプサの後ろでおとなしく順番を待っている“すもう”(本名カリプソ)です。

080801 1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。